スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレトレーニング2

以前このブログで 
「6月下旬に トイレシートが本物のトイレに合流予定」
と書いた記憶があるのですが、
なぜ またこのタイトル? かと言いますと
ご想像のとおり


やっちまいました・・・

        ついておいで
        座礁


ハウスの横に いつまでも とどまるシート。
(通路なので しょっちゅう 足の裏が被害に)
このままでは 本物のトイレにたどり着かないのでは?
あせる 私たち家族。

そこで ちょっと冒険を。
本物の「トイレ」で 用をたすこともある(!) こもも。
思いきって トイレシートを グッと「トイレ」に近づけてみたら
あっさり「トイレ」で 用をたすように なるかもしれない。  

冒険の結果


        ふりだし


どうしたものか。
かなり迷いました。
再びシートを敷いて 最初からやりなおすのか?
でも それって 勝負に負けたみたいで(何の?) なんだか悔しい。
他に何か方法は?
迷っているうち数日が経過し、 いよいよテーブル下が トイレとして定着。
早く 次の手を打たねば! と思っていたら。


        バランスボール

こももの トイレ予防だそうですが 
私と長女の反対により却下(ごめんね。お父さん)
おとなしく 初心に帰って テーブル下にシートを敷きました(再出港)


それ以来 なんとか うまくいっています。はい。

こんなこともありますが。


        テキトーに


一見後退したように思えるトイレトレーニングですが、(いや どう見ても後退)
ちょっと うれしい変化も。

私が台所に立っている時、
「お母ちゃん 遊んでくれるの まだかな~」という顔をして
ひとりで ペットボトルをかじって待っている こももですが、

このたび、「シートでトイレをすると お母さんが 頭をナデナデしに来てくれる」
ということを 学習しまして

台所の私をジッと見ながら シートにトイレをして
アピールするようになりました。

        みてみて!

これって かなり うれしい。

めちゃくちゃ ほめながら近づいていくと


        やったね
        がぶり

なぜ ふくらはぎ?

そんなことより 叱らねば。

でも ほめられたくて がんばったのに、
よろこびすぎたせいで 叱られるなんて
あまりといえば あまりの仕打ち。

叱りたくないので、「魔法の呪文」を使うことにしました。
ほめながら近づいていき、飛びついて来る前に 
「おすわり!」


これ、今のこももにとって「絶対にほめてもらえる魔法の呪文」
かなり興奮していても ドヤ顔で しっかりお座り しちゃいます。
お散歩の時に会った方に「お座り」して ものすごくほめてもらって以来
「お座り」が大好きになったのでした。(ラッキー♡)

「トイレ」と「お座り」のダブル なでなで。
 
        いい子いい子


いつの間にか トイレのコントロールができるようになったのね。
感慨もひとしお。

いや、ちょっと待て


        ちょっと待て

前進しているのか後退しているのか
さっぱり分からない トイレトレーニング。
オロオロしながらも ちょっとした成長を ものすごく うれしく感じる。
これが 子犬育ての醍醐味なのかもしれません。



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

シャッターチャンス☆

こももを家に迎える時に まわりの方から アドバイスをいただきました。
「骨格がしっかりする 8~12ヶ月くらいまでは ムリな運動はさせないようにね。
 自由に遊ばせる "自由運動" だけで十分よ。」

幼いころのムリが大きくなって響くのは かわいそうすぎるので、
このアドバイスを聞いて 気を引き締めました。

そうして 迎えた こももですが、
迎えて3日目に さっそく とまどう私。

        暴走列車

"自由運動" が暴走列車状態。
これは "ムリな運動" に 含まれないのか?
ほうっておくと いつまでも 暴走列車。
かなりハラハラ いたしました。
本当にボーダーさんは 動くのが大好き。


4ヵ月になった今も 自由にさせると ほとんど じっとしていない こもも。
そんな元気なところも ボーダーコリーの魅力です。
満面の笑顔で走り回っているのを見ると
あ~、かわいいなあ。と、心底思う。

そして そのかわいい笑顔を 写真に残したい! と思うもの。
走っている状態では 写真に写りませんから(黒い斜線になってしまう)
せめて 止まっている時に いい表情を取りたい!
そんな願いを胸に カメラを構えるのですが・・・  


        かわいいところを
        撮れました
動きます。
すぐに動きます。
何にでも興味シンシンな こももは 走っていなくても すぐに黒い斜線になります。

ジッとしているところを撮ろうと ケータイを持って こももを追い回す私と長女。
わずかなチャンスも見逃しません。

        今度こそ

静止画像ゲット!

        猛獣写真1

さらにゲット!

        猛獣写真2


なぜに どれも猛獣写真?

ジッとしているときは たいてい歯をむいて 何かをかじっていらっしゃる。

いかん、このままでは
こもものアルバムが 猛獣アルバムに。

そんな私達に朗報が。
なんと夫が 連写機能のついたカメラを買ってくれました。パチパチパチ・・・
なんでも 1秒間に10枚ほど撮れるという、 カメラにうとい我が家にしては スグレモノ。

さっそく撮影会です。

        期待

そして撮れたのがコチラ
        連写

恐るべし ボーダーコリーのスピード。(本当に問題は犬の方なのか?)

私達のカメラ修行は まだまだ続きます。




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

ペットロス

今回は こももが家にやってくる 少し前のことを。


先代犬はっぴーが天国へと旅立ったのは 今年の2月のはじめでした。
そのことについて ここで書こうとすると、ダクダクと涙を流しながら 
長い長い反省文を作り上げてしまいそうなので 割愛いたしまして、
ペットロス について。

いつか必ずやってくると 覚悟していた「お別れ」ですが、
実際に 自分が体験してみると、想像以上の衝撃でした。

今までの人生で一番泣いたのは間違いないのですが、
どれくらい? っていうと


        土偶

ところで 近所の同じ体験をされた方々と お話をしたのですが、
ファミリーで犬を飼っている場合、誰よりも お母さんが 家族にドン引きされるくらい泣く。
という ご家庭が多くて、まさしく うちも その通りでした。
うん、"お母さんのキモチ" になっちゃうんですね。

私の場合、テレビで哺乳類が出てくると 悲しいことを思い出して、それだけで辛かった。

        哺乳類
まさに 家族ドン引き状態です。

それから 今まで はっぴーがお世話になった方々に 
「旅立ったこと」を ちゃんと伝えなければ ならないのに
会って 「はっぴー」の「は」まで言うと、
その場で泣きくずれて何も言えなくなる予感が 
ものすごーく して、(そうなったら 相手も困りますよね)
実は 「旅立ちの日」から 2ヵ月半ほど ご近所の方やお散歩友達に
なるべく会わないようにするという 忍者生活をやってしまいました。
こんなふうに。

        ある日のゴミ捨て

        確認
        ゴミ捨て


こんな私でしたが 次第に 哺乳類を見て泣くこともなくなり、
はっぴーとの楽しい思い出を 落ち着いて思い返すことができるように なっていきました。
やっぱり犬ってかわいい。

こももを迎えてからは それまで毎朝 目が覚めると 「はっぴーの病気について自分を責める」という 一人反省会をしてしまっていたのが 反省せずに起きれるようになりました。

それから こももと 散歩できるようになって ようやく いろいろな方に 「はっぴーの報告」をすることができました。
「あんなに かわいがってもらって はっぴーちゃん幸せだったよ。大往生よ。」
と声をかけてもらって それまで自分を責め続けていたのが 少し楽になりました。
たくさんの方と話ができて、みなさんから 暖かい言葉をもらって、元気をもらいました。
こももがいなかったら まだ反省会と忍者生活を続けていたかもしれません。


        印象に残ったコトバ

        ゆずちゃん
        ヤバイ
「ヤバイ」 応用範囲広すぎ。




今 こももと暮らし始めて思うのは、こももも はっぴーも 同じボーダーコリーというのを忘れるくらい、
それぞれに個性があって、それぞれが 私にとって 大切で 愛おしい。
悲しいお別れを経験して思うのは こももとの一日一日を大切にしていこう ということ。

土偶になった私も 少しは強くなったと思うのです。


はっぴー 本当に ありがとう
こもも これからも よろしくね




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

おすわり レッスン

私が初めて飼った犬(ボーダーコリー)は、
しつけの開始時期が遅かったのか(4~5ヶ月ごろ)
気がつけば 元気な「ミニ台風」に成長していて、その台風のしつけに 
ちょっと いや結構大変な思いをしました。(ドキドキ)

そういうわけで こももには 小さいうちからムリのない範囲で 
できそうなことを教えていこうと思っています。

そんな私に ブリーダーさんからアドバイスが。
「 ハウスで食べ物をあげると、ハウスが好きになりますよ。」
「 ごはんの時に 『お座り』や『待て』を教えると、すぐに覚えますよ。」
おぉーっ! いいコトを教えてもらった。 と 心の中でガッツポーズ!
すんなり 「お座り」が教えられそうです。


本格的なトレーニングの前に ちょっと下準備も。
座る瞬間を見つけると すかさず「お座り!」と声かけ → ほめる。
時々尻を押して座らせ「お座り!」と 声かけ → ほめる。

そうして こももが家にやってきて数週間たったある日
本格的に お座りトレーニングを開始することにしました。
まずは ごはんを手にして こももに「ハウス」。
そこでごはんを食べ慣れている こももは うれしそうにハウスに入りました。(よしよし)

それでは本番です。

            レッスン1
            レッスン2

予想外の展開に たじろぐ私。

            レッスン3

でも 座っているかも しれないので ごはんはあげる。
みんな ハウスに手を突っ込んで 尻を触って「お座り」しているかどうか 確認するんだろうか。

よくわからないけど数日コレを続けました。
しかし座っているかどうか わからないまま続けるトレーニングに意味はあるのか?(多分ない)
ごはん以外の時に「お座り」と言っても座らない。(やっぱりそうか 汗)

試しに こももの好きなボール遊びの時に 教えてみました。

軽く尻を押して「お座り」させて、「待て」でそのままキープ
コレをやってからボールを投げてやる。
早くボールを投げて欲しいこももは すぐ!「お座り」「待て」をマスター。
これは めでたい。 

めでたいけど疑問は残ったまま。
みんなは どうやって ご飯の時に「お座り」を教えているのか?

その答えは わりとすぐに見つかりました。

            発見

ブリーダーさんのブログに こもものお姉さんのグレンちゃん(長女ちゃん。 こももは次女です。)の写真が。

            グレンちゃん

「お座りを教える時はハウスので」
どうして気付かなかった 私。
脳みそを動かそう 私。

さっそくマネしてみました。
すんなり OK。


若干「待て」に不安はありますが。

            前進
こももさん、それは多分「待て」ではない。

            待つ
食い意地張りすぎです。


と、こんなふうに 「お座り」は ゆっくり身につけ中です。

そういえば、「お座り」ではありませんが
最近「ハウス」の声かけで ヨダレを滝のように流すようになりました。
現在「 おやつ目的でのハウス ぼく滅計画 」が暗礁に乗り上げています。
 


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

なんでも食べるゾ!

その日 私は クヨクヨしながら散歩をしていました。
理由は こももが消しゴムを食べてしまったから。

消しゴムの誤飲なんて きっとかなり よくある話。
だけど 先日、プラスチックのフォーク(折れた物)を飲み込んだ犬が よく吐くようになり
全身麻酔で取り出した・・・なんて話を聞いて メチャクチャ心配に。
飲み込んだ消しゴムのサイズ的にも 胃にひっかかるかも・・・
こんな小さな子犬に全身麻酔だなんて どんなにリスクがあることか・・・ 
考えれば考えるほど 不安がつのります。

           消しゴム


ウダウダ悩みながら歩いていると、途中で 犬の散歩友達と ばったり。 
          体験談1
           体験談2
       
食べ物でもないモノに果敢に挑戦したワンコたちの武勇伝。 
消しゴムひとつで悩んでいた自分がちょっと恥ずかしい(そうか?)

ちょっと びっくりしたのは 犬って 自分にとって食べれるモノかどうか
ちゃんと見分けられるワケじゃないんですね。
野生の勘で毒になるものは ペッ、と吐き出すものと思っていました。




         消しゴム発見
歯がある こももは ちゃんと(?)消しゴムを噛みくだいていました。(そりゃそうか)
わりと あっさり解決した こももの誤飲事件です。(私の取り越し苦労ともいう)



そういえば 7~8年前、お客様から「特別においしい人形焼」というのをいただきまして、
これがまた、とんでもなく うまかった。

          人形焼
あまりのうまさに いっぺんに食べてしまうのがもったいなくって
みんな1個ずつ大事に食べました。
残りはテーブルの上において
「あした またね ♡ 」って・・・

          袋だけ
これが我が家で 後々まで語り継がれる「人形焼事件」
先代犬 はっぴー の なつかしくも せつない思い出です。
教訓 : みみっちい食べ方はやめましょう。


もはや 誤飲の話題ではなくなっていますが、
最近 こももに こんなことが。
事件は夕食後におきました。

          片付け忘れ
          まったー!
          パクリ
          食べたのはコレ
お漬物への興味が芽生え始めた こももです。(魚への興味はどうした?)


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

さんぽに行こう !

こももの 初めての散歩は
            さんぽデビュー
道路が怖くて仕方がないようです。
家ではハイパーガールのこももが こんなにおびえるなんて、ちょっと意外。

実は 私もちょっと不安。
お散歩好きになれるだろうか? 他の犬と仲良くできるだろうか?
数日前から そわそわと 本で予習なんかも しちゃいました。

気になったのは
「子犬が初めて出会う犬は おとなしいメス犬がベスト」という言葉。
なるほど。
いきなりジャイアンに出合って 突然ぶん殴られたり 無理やり自慢のノドをひろう されたら
そりゃ お散歩嫌いにも なるってもんです。
でも 「おとなしいメス犬」って?

幼犬がヨチヨチと寄っていったら ほほえみをたたえて 暖かく受け入れ、
少々おイタをしても 聖母のような まなざしで見つめてくれるワンコ・・・

そんなワンコおるかい!
いや、いるかもしれないけど 思い当たらないので
お散歩での出会いに かけることにして 公園に向け出発することにしました。
どうか ジャイアンに会いませんように・・・


こももを抱っこして 公園まで来ると たくさんの犬が。

「おとなしいメス犬」を探せ! なんて ふざけたことを言っている場合ではありません。
ぞくぞくとやってくる先輩ワンコさんたちを相手に こももは ひとりで ごあいさつ することに。

「こももの ごあいさつ」は こんな感じです。
まず、ワンコを見つけると急に地面にふせます。

          ほふく前進
近づいて 相手もこちらに興味を示してくれたら めでたし!
            こんにちは
興味を示してくれない場合はどうか?
こももは あきらめません。

         クロールポーズ

            勝手にあいさつ

この間 約3分間。
低姿勢の限りをつくして(?)ごあいさつする こもも。
まだ 赤ちゃんオーラを 出しているためか、どのワンコも穏やかに対応してくれます。
ホッとする私。
そして いきなりスイッチが入る こもも。

            スイッチオン
あっという間に いつもの見慣れた こもも出現。
走る走る。
先輩ワンコのまわりをグルグル回り、
ラブラドールさんの顔によじ登り、
耳に犬パンチ。
やめてー!と叫ぶ私。

            オン状態
ありがたいことに おイタがすぎると 先輩ワンコさんは ちゃんと指導してくれます。
            指導
            5秒後
そりゃあもう、はしゃぎまくり。

散歩で 見ることができたのは ほんの数分間の「しおらしい こもも」と
先輩ワンコさんたちの「幼犬に対する忍耐強さ」
(みなさん 本当にありがとう。)

結局、散歩で会った犬の中で 一番のジャイアンは こもも でした。
(みなさん 本当にごめんなさい。)


来る時はあんなに怖がっていた道路も帰りは へっちゃら。

            スキップ
こももの散歩は デビュー間もないころから今まで
ずっと こんな感じで続いています。

帰り道でのこももは 「楽しくて楽しくて 仕方がありません !」
という顔をしています。

あんなに楽しかった散歩。
それなのに その楽しかった記憶が

            リセット
次の日にはリセットしてしまうのは なぜなのでしょう?
「こももの不思議」のひとつです。



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
プロフィール

みう

Author:みう
金沢市在住の
ボーダーコリー好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。