スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行デビュー 1

この夏、こももと初めての旅行に出かけました。

場所は 金沢から車で3時間半~4時間の 長野です。
車酔いは しないハズ
いろいろ不安もありますが ともかくチャレンジ!(いいのか?)

移動の途中、何度か トイレ休憩を。
こももさん、生まれて初めて コマンド(指示語)でトイレができました(パチパチパチ)
うれしい~ & 助かる~(がんばったね!)

こももの「トイレのコマンド」はちょっとだけ長い。

最初は「シー、シー」と声をかけていたのに
トレーニングが なかなかうまくいかなくて、
こももが トイレに入ったり、シートの上に 乗っているのを見かけると、
ついつい 応援したい熱い気持ちになって 
うっかり 余計なコトバを加えてしまう私たち 

        コマンド

「おしっこ(を)シー(して!)」
ほぼ文章(と変わらん)。
残念ながら こももは こっちをコマンドとして認識してしまったもよう。

ちょっとくらい長くてもいいんです。こももが分かってくれれば。
問題は まわりに人がいる時に 大声で言いづらい どストレートな表現。

「犬の耳元でコマンドをささやく アヤシイ飼い主」 になる私。

        お外で
それでも ちゃんと従ってくれました。(ありがとう、こもも)

ちょっと待て、トイレトレーニングがまだアヤシイのに お泊りは大丈夫か?
という声が聞こえてきそうですが、
はい、私には秘策がありました。

このたび憧れの「犬と泊まれる宿」にお泊りする私たちですが、
シートの上ではトイレができる こもも。

それならば

        秘策


でも ホテルの部屋に入って考えました。
これでは人間がくつろげますまい?
たしかに。
せっかくの旅行に トイレ部屋で休みたい人など 世の中にごく少数なはず(おるんかい?)

幸い部屋には「もしもワンコがソソウしてしまったら」と書かれた
「ソソウの掃除の仕方」がしっかり説明してある紙と
3種類の洗剤(全部使って掃除するらしい)の備え付けアリ。

ちょっと勇気を出して 「こももがトイレしたそうな場所」に絞り込んで
シートを数枚 部屋のあちこちに置いてみました。

結果、成功!(えらいぞ!こもも)

        大丈夫


この旅行、一番心配していたトイレがあっさりとクリアできて ひと安心。

では 一番困ったことは?
― それは「階段」

ホテルの玄関から私たちの部屋まで続く 長い長い階段
それが怖くて、降りられない(プラス 登れない) こもも。
出かけたり 食事をしたりするたびに 登り降りは必要。

滞在中ずっと4人がかりで お神輿のように運ばれる こもも。
見る人々の笑いを誘う こもも。
(「微笑ましい笑い」と信じたい)


        階段

そういえば 家ではずっと1階暮らし。
「階段」というものが苦手なのかもしれない。
そう思っていたら


        山道はOK
こももくん、ホテルの階段と この階段、どこが違うのか教えてくれ。



       山はいいね!
       山道ではこの笑顔♡


こもも と すもも
おまけ: こもも と すもも

次回もう1回 旅行記です。読んでくださいませ。(ペコリ) 



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

VS掃除機

小さいころは大丈夫だったのに 
4ヵ月の時に 急に苦手になったモノがあります。

それは掃除機。

いきなり 吠えるようになってビックリ。
どうして急に?
原因は分かりませんが お姉ちゃんに抱っこされている時は落ち着いているので
威嚇してやるぜっ !― という勇ましい理由ではなさそう。


        抱っこ

急に音が怖くなったのかも。
掃除機の時間が 楽しくなったらいいのに・・・( 小さな希望 )

そんでもって 吠えなくなったらいいのに( 強い願望 )

楽しく口がふさがっていれば(?) 吠えないハズ。
ためしに掃除機と一緒にタオルを こももの前にチラつかせて


        これならどう?

スイッチオン!

その結果

     釣れました

これ、案外楽しい。
吠えもナシ!
ついつい調子にのっちゃいます。


      引っ張るぞ

こんな引っ張りっこを 毎日くり返しているうちに、
掃除機を見る こももの眼がキラキラに。


        キラキラ

家事と遊びが両方楽しめる! ― ということでウキウキな私。
「子犬と遊ぶ時は真剣に!」って何かに書いてあった気もしますが
今は読まなかったことにして(おい!)
お掃除タイムは 現在ちょっと楽しいイベントになっております。

ただ、タオル遊びをやると こんな事故が多発。


        がぶ1.2.3

なぜ 手元に向かって上がってきて 噛みたい?
犬ゴコロの不思議。
いや、そんなことより 「ガブリ全滅」を目標にかかげている ワタクシとしては
ここは ひとつ 遺憾の意を表明せねば!


        大人げない

効きました。
タオルも掃除機も放り出して 遊びを中断されると
ショックを受けた顔をする こもも。
(ごめんね)



噛むたびに コレをやっていると(ひどい?)
タオルを噛むときは 上手に手をよけるようになりました。(えらいぞ!)

たまに間違えて手を噛んでしまったら
「はっ!」という顔をして
すごい勢いで突進してきて 顔をなめます。


        ごめんね

ここで 骨抜きにされそうなワタシ。

こももが もう少し力強くなったら
片手でタオルの引っ張りっこは無理かもしれません。
少しでも長く楽しめるように
まずは この太弱い腕を鍛えようと思う 今日このごろです。



        はやくとって!



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

頭を使おう!

小さな小さな子犬のころから 布のおもちゃが大好きな こもも。  
かんで遊んでいるうちに ときどき破れてしまうので
よく針でちくちく縫って なおしてあげたものでした。

先日も お気に入りのおもちゃが破れていたので 縫ってあげると
わずか5分ほどで 凶悪事件発生。
 

        ひつじ

大人の歯に生え変わってから、子犬用や小型犬用のおもちゃは
すぐに壊れてしまうようになりました。
う~ん、成長を感じます。
こうしておもちゃを中型犬用のものに 買い替えたのですが、
ついでに遊び方の見直しも。

今までの走る、引っ張る、かむなどの遊びもいいけれど、
頭を使う遊びも とってもいいのだとか。
では どんな遊び方があるのか? 
またまた いろいろな方のブログなどを のぞかせていただきました。


        調べてみると

いくつかのステキなアイデアの中で 特に気になったのは宝探し!
いいですね~。
娘たちが小さかった頃も ぬいぐるみをいろんな所に隠して楽しんだものでした。
こももの場合は ぬいぐるみの代わりに フードを入れて ゆる~く結んだハンカチを。
知恵を使って 結び目をほどいて おいしいおやつをGETするなんて楽しそう!

では さっそく。
最初は隠す所を見せてあげるとよいらしいです。
うん、なるほど。


        やってみよう

さあ、こももくん。存分に探したまえ。


        どこ?

今、見てたよね?


もう一回見せます。


        ここだよ
        どこ?再

何を見てたんだ?

その後再びクッションをめくって見せている時に ハンカチをくわえたこもも。
まあ、いいでしょう。
さあ、そのハンカチをほどいて おやつをどうぞ!


おやつ、食べられました。
食べられたけれども


        GET


この遊び、はたして こもものために なっているのか?

よくわかりませんが 本人は楽しそう。
何度も楽しんでいるうちに 頭を使う日がやってくるかもしれません。


最近のこももの ハンカチ探し風景は こんな感じ。

        成長


どうやら 知恵のレベルが1ランクアップしたもようです。
場所はあってるぞ!
がんばれ こもも!!



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

病院とツメ切り

先月 予防接種を受けに病院に行きました。
前回の注射の時は おとなしくしていたのですが
今回 診察台の上で大あばれ。


         病院
こうなる原因に 心当たりが。

前日 あばれる こももを取り押さえて 爪切りをしたばかり。

        爪切り

いやな記憶が よみがえったのかもしれません。

とにかく 爪切りを嫌がって嫌がって 何度も逃走しようとして

        逃走

そのたびに つかまって取り押さえられて

その結果


        収穫

これは まいった。
これから どうやって爪を切ろう?

ものすごく考えたあげく、
採用したのは「毎日続ければきっと慣れる 戦法」
はい、1日1本爪を毎日切り続ける、というものです。

1本くらいなら 暴れても ちょっとのスキに 何とか切れる。
切った後は ごほうびにおやつ。


        ごほうび

爪1本切られるだけで めちゃくちゃ ホメられる こもも。 

1,2日は暴れました。やっぱり。
でも パチンと音がするまで ガマンしていれば 
おいしいおやつが もらえる、と気付いたのか、
3日目あたりから ものすごく神妙な顔で 
ガマンするようになりました。(よしよし)

で、切られた後は

        1本

勇ましく部屋を2周ほど走って(何のアピール?)
        がんばったもん

おやつをもらいに やってきます。
最近では少し慣れたのか「2本切り」や「3本切り」などの
大ワザも できるようになりました。
( そんなの普通やん、なんて突っ込みは イヤよ♡ )

爪切りに慣れはじめたら、
今度は次の診察に備えて高い台に乗る練習も。

子どもなので フィラリアの薬をいただくために 
毎月体重を量りに病院に通わなくては ならないのです。
そこで 怖がらないように やっぱり おいしい物を使って練習します。

        練習

その甲斐あってか今月の診察(体重測定)では ものすご~くがんばったこもも。
        がんばり中

そして

        大ジャンプ

うん、うん。えらかったよ。

そして がんばったこももに うれしいことが。

        先生からごほうび

診察の時とはまるで別犬。
急に元気になって、獣医さんに ものすごーく甘えて それから診察室内を歩き回るこもも。

よかった。病院にも慣れてきたかな?
ホッと胸をなでおろして 先生にお礼を言い、
こももを診察室から連れて出ようと 振り返った私が見たものは
先ほど 震えながら自ら飛び降りた診察台に 再び登ろうとする こももの姿でした。


        もっと



にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村


ペットボトルで遊ぼう

― ペットボトル。
それは こももが幼いころから大好きな おもちゃのひとつ。
なめて良し。かじって良し。


        アルバム

それから 部屋でやる「ボール投げ」のボール代わりにも。

        すぐとれます

くわえて持って来たのを 「出せ!」と言いながら うばって、
「いい子ね~♪」とほめる。
これで 今まで「出せ」が上手に教えられなかった私も
ボール投げモドキ が 簡単に楽しめています。

ちなみに ゴムボールだと こんなことに。

        ボールなら

先代犬のはっぴーも ボール投げやディスク遊びが大好きでしたが、
彼女はどうやって くわえているものを口から離していたかというと

        どこで落とすの?
        どこかは わからない。
        10年近くこんな感じでした


いや、ちゃんと出すことを 教えなくてはいけませんね(汗)
こももとゴムボールで遊べるよう がんばります。


こんな風にいろいろ楽しめるペットボトルですが
最近 こももが楽しく かじっていると

        缶切り?

どうやら こももの歯に 缶切り機能(?)が装備されてしまった もようです。
それ以来 フタをのみこんでは危険なので 
フタは はずして、フタの下についているプラスチックの輪っか
(これも噛みちぎって飲んでしまう)をハサミで切って
こももに あげることにしました。


       ちょっきん

これが 意外にも こももに好評♡
飲み終えた ジュースなどの においが残っているらしく、
かじっている途中で フンフンにおいをかぎながら 
懸命にペットボトルに鼻を突っ込もうと
がんばっている姿を よく見かけます。


       いいにおい


もうひとつ ペットボトルのお気に入りの使い方を。

よく部屋中を走り回っているこももですが、
私たち家族との追いかけっこも大好き。
ただし、なぜか追われるときは ペットボトルを口にくわえないと
気がすまないようです。(スリッパでもOK)

そして 途中でペットボトルを落としてしまったときの
あわてようがスゴイ。
あせって くわえようとして 何度も落としすぎる こもも。

      なんとしてでも

こんな追いかけっこが ものすごく楽しいらしくて
一日に何度も やりたがります。


こうして 毎日走り回った成果が 最近表れはじめました。

イケナイ物をこっそりくわえて逃げる時。

       何持ってるの?

明らかにスピードアップしている こももさん。
コレをどうやって 取り押さえるのか?
悩みが またひとつ増えた 私たちなのでした。




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

さんぽに行こう!(5ヶ月編)

ビクビクしながらのお散歩デビューから2ヶ月がすぎ、
こももも すっかりお散歩に慣れました。
(今では自分で歩いて 公園に行きます)
 
当時、「オス犬は子犬を うっとうしがる傾向がある」 なんて本で読んで、
なるべく女の子ワンコに近づこう! と思っていたのですが、
実際に出会った男の子たちは 意外にもフレンドリー


         お兄ちゃん

あちこち鼻でつつき こももの背中をヨダレまみれにして
ウェルカムしてくれました。
攻撃性ゼロ。
お兄ちゃんたちありがとう。

ほかにも 幼児のこももは 先輩ワンちゃんたちに 優しくしてもらいました。
そのなかでも こちらのコーギーちゃん。
いつもは こんな感じなのですが

        お母さん大好き

大好きなお母さんに こももが甘えることを 歯を食いしばって許可。

        ガマン
こももと お母さんをチラチラ見て
ノドの奥を クウクウ鳴らしながら ガマンしてくれました。
本当にありがとう。


優しい先輩ワンコさんたちに かこまれて
こももも ノビノビお散歩を楽しみながら
スクスクと成長いたしまして、
現在 5ヶ月。
お散歩の様子が少し変わりました。

こもも自身に 変わったつもりは ないのです。
初対面のワンちゃんに会ったら
ほふく前進をしてご挨拶にうかがうのも 今までどおり。

ただ、いつの日からか こんなことが増えてきました。


        でかいコドモ
        あ・そ・ぼ

デビューの日から体重倍増。
5キロちょっとだった こももさんは 11キロに。
最初はトイプードルさんのサイズでしたが
今ではシェットランド・シープドッグさんよりも 少し大きいくらい。

小型犬のみなさまを おびえさせては 申し訳ないので
はじめて会うワンコさんには 様子を見ながら そーっと 近づくようになりました。

もちろん 大きい子が全然平気な 小型犬も たくさんいますし、
こももが でっかくなっても 以前から知っている 小型犬のお兄ちゃんは
(たぶん)失礼があると 今でも しっかり 指導してくれます。


        指導

以前と比べると 「体当たりで誰にでも甘えられる」 コトはなくなりましたが
そのかわり 大きくなってチカラもついてきたおかげで 
大型犬のお兄さんお姉さんと一緒に走ったり、
違う楽しみも増えつつあります。

公園で 大好きなラブラドールさんに遊んでもらいたい時は
かけ寄って 背中を両手でポン!と押して誘っています。
小学生か。
 

        わっ!

うん、確かに小学生ぐらいですもんね。
甘えられてうれしそう。


        一緒に走ろ!
あっ、マダム ラブラドール!
リードを持ってる 「私」が ついて行けないです(泣)




にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

プロフィール

みう

Author:みう
金沢市在住の
ボーダーコリー好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。