スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・誕生日

今月の24日に 誕生日を迎えた こもも。

誕生日!と聞いてお友達の みーちゃんの飼い主さんは
「よく無事に 1才を迎えたね~!」(えっ?!)
と 感慨深げ。
はい、いろんな やんちゃや いたずらを くり返しながら 
無事に成長してきた こもも。  
元気に1才を迎えられて、私も うれしい(しみじみ)。

お誕生日の日は 公園でたくさんの人に
「おめでとう!」と 頭をなでてもらいました。


        誕生日1

いつもより 念入りになでてもらって
こももも ちょっとお姫様気分に。
(帰るころには、顔つきが もう、うっとり~♡ でした)


家に帰ってからは、
お姉ちゃんたちから 祝福のナデナデ♡ の嵐。 
2人のお姉ちゃんの間を 行ったり来たりしながら 笑いがとまらない こもも。
そうだよね、こんなに みんなに ナデまわされて 
祝福されたら そりゃあ テンションもあがります。


        誕生日2

そんな 和やかな雰囲気の中 長女がこももを なでていると、
次女が気づいたのでした。
「こももが どや顔で あたし(次女)を見る!」って・・・


        誕生日3

もんのすごく得意気な顔で 次女をガン見するこもも。


ひとしきり長女に なでてもらったこももは、次に 次女のもとへ・・・


        誕生日4

どんだけ「私、なでてもらってる♡」アピールしたいんだ・・・


こんな 楽しい♪ 誕生日。
なんと ブリーダーさんが、 こももに 美味しい「お誕生プレゼント」を送ってくださいました。
かわいくラッピングされた箱を開けると、美味しそうなクッキーやミートローフが!
(本当に ありがとうございました!)

美味しそう!なのが分かるのか、こももも
プレゼントの箱をガシガシかじって しっぽを振りまくり。

そうだ!おいしく食べる「かわいい姿」を 写真に撮って ブリーダーさんに送ろう!


        誕生日5

ミートローフをスライスして お皿に載せると
今まで かいだことのない いい香りに こももも そわそわ。
「こもも お誕生日おめでとう!さあ、どうぞ」
家族みんなに 見守られながら こももがお皿に口を・・・。
私はカメラ片手にスタンバイ。


        誕生日6

結局、何度名前を呼んでも 一度も顔を上げることなく、
撮れたのは ありえない勢いでミートローフにがっつく
獣のような こももの姿が映った ブレブレの写真ばかりでした。
(その中で なんとか獣度が低めの写真をチョイスして ブリーダーさんに送りました 汗)
ブリーダーさん、ごめんなさい。
今度はきっと キュートな写真を・・・(しかも ブレてないのを)送りますね♪


    誕生日
    「1才記念ボール遊び」
    お外では 笑顔の写真、撮れました(ホッ)


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お腹は大切に

先日ブログにも書きましたが、
2月に入ってお腹をこわした こもも。

病院で まず獣医さんに きかれたことは  


        おなかは大切に1

フードをかえて お腹をこわす子もいるそう。
「フードは ずーっと かえてません」
そう答えて はっ、と気づきました。

フードは かえてないけれど
毎日のように お友達ワンコの飼い主さんたち
おやつを おねだりしている こもも(と みーちゃん)


        おなかは大切に2

や、やめてくれ。
いや、それより ちゃんと しつけろ!私(汗)

結果、私はこももが 毎日どんな おやつをいただいているのか、
把握しておりませんでした(ドキドキ)

でも、もう何か月も お散歩中に おやつをいただいている こもも。
(みなさん ありがとうございます)
急に それが原因で お腹をこわすってこと、あるのかしら?
他に原因が あるかもしれません。

そういえば、小さい頃はお腹をこわすなんて ほとんどなかった こもも。
大きくなった ここ1~2か月の間、なんとなく ゆるめのウンさんが
増えてきた気がします。


        おなかは大切に3

大きくなって、体質が変わって お腹がゆるくなりやすく なってたら
かわいそうだなあ…なんて、ちょっと心配。



病院の薬もすぐに効きまして、
しばらく 控えていたお散歩も再開しました。
ぶりかえすと嫌なので 少しハラハラしながら 公園で遊ぶのを見守ります。


        おなかは大切に4

久しぶりの公園に 大はしゃぎの こもも。
お友達と 走って 走って 走りまくって
そして いつものように 休憩。
雪の上に伏せて 雪のカタマリをバクバク口に・・・

― ん?


        おなかは大切に5

腹の 内側と外側、まんべんなく冷やしてどうする!?
(あんた、腹の毛 うすいやん)

つまりは こういう状態か?


        おなかは大切に6
そりゃあ 腹もこわすさ。


最近、公園の雪も とけてきて、
こももが雪の上で伏せたり 雪を食べたりすることも なくなりました。
すっかり調子を取り戻し、
ゆるめのウンさんとも すっきりお別れ。

「冷えは大敵!」 を 思い知った 今年の冬なのでした。



  お腹は大切に①
「こもも ひろい食いなんて しないもん!」


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村


走るボーダーガール

ボーダー友達の こももと みーちゃんは 一緒に走るのが好き。
でも ずーっと走り続けて 疲れてくると、
こももは勝手に ふせて休憩し始めます。  

ヒマになった みーちゃんは両手で地面をバンバン叩いて
こももをお誘い。
これがまた かわいい。


        走るボーダーガール1

このふたり、こももの方が3か月ほどお姉さん。
ちょっと 余裕の こももは、
みーちゃんを焦らして楽しんでたりします。(おいおい 汗)

そして 頃合いを見計らって こももが飛び出すと、
メチャクチャ喜ぶ みーちゃん。


        走るボーダーガール2

もう一頭加わって3頭で遊ぶ時は
ボーダーガールズは急にシープドッグに変身。
(いや、もともと そうだけど)

いつも遊んでいるのは 走り屋仲間(?)の チェロくん。
「ひつじ係」となってガンガン走るチェロくんを
2人がかりで 追い込み開始。
いつ打ち合わせしてるの?
ってくらい 息の合った動きで広場の端まで誘導します。


        走るボーダーガール3

で、疲れてくると やっぱり休憩に入る こもも。

        走るボーダーガール4

みーちゃんが こもものそばまで チェロくんを追ってくるとチェンジ。

        走るボーダーガール5

結局、一番走っているのはチェロくん。(すごい持久力!)

あれ、ボーダーの方が 走るの好きなんじゃあ?
って 初めは不思議に思ったのですが、
こももたちは 走るのも好きだけど、「ゲーム」が楽しくて仕方がない様子。



自分よりちょっと若い みーちゃんや、小型犬のチェロくんと遊ぶ時は
適当に休んで 手抜きもしちゃう こももですが
自分より大きい子と遊ぶときは どうなるかっていうと 


        走るボーダーガール6
急に幼児に逆戻り。

お姉さんになったり妹になったり 毎日忙しい こももです。


     走るボーダーガール①
     「まだまだ 甘えたい時もあるのよ♡」

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

抱っこはお好き?

子どもの頃 本で読んだことがあります。
「犬は抱き上げると怖がる」って。
地面に足がついていないと不安になるそう。
なるほど!と思った私は 
こももを あまり抱き上げずに育てました。

でも 最近気が付いたのです。
「うちの子 抱っこ大好き!」って飼い主さんが たくさんいることに。
なんだ!犬って「抱っこ」平気なのね。
…と気付いたときには遅かった。 

最近「体重測定」の時、
私がこももを抱き上げて体重計に乗っている間、
ず~っと震えていて、下におろすや否や ハウスに突進!


        抱っこ1

こりゃイカン。
もし今度病院に行ったら 抱き上げて診察台に載せるだけで ものすごく怯えるんじゃない?
それで病院嫌いになったら 何かとタイヘン。
次に病院に行くのは 5月の予防接種の予定だから
それまでに 時々抱っこして慣れさせなくては!

- そう決意した数日後、こももさんはお腹をこわしました。(お腹ピーです)

いつもはサツマイモをあげると すぐに回復するのですが
今回はちょっと長引いています。

これは病院…。抱っこに慣れていなくても病院…。
こももの「お腹ピー」と「抱っこ嫌い」 ― 両方心配しながら病院に向かいました。
病院の診察室に入ると優しい看護婦さんが こももを抱き上げ診察台へ。


        抱っこ2

はい、予想通り。
ぎゅ~っと縮こまって ぬいぐるみ(それも 超生々しいやつ)のよう。
ピクリとも動きません。

「しみる注射を打つので、話しかけて 気をそらしてあげて くださいね」
先生の言葉に 気合を入れて 励ます私。
こももは もの凄~く 怖いはずだもの。


        抱っこ3

こももさん、固まったまま注射終了・・・と思ったら

        抱っこ4

これは 心に相当なダメージが・・・

        抱っこ5

しまった ここにはハウスがない!
閉じこもって、傷ついたココロを癒すことが 出来ないではありませんか。
怯えて飛びついてきたら、たっぷり甘えさせてあげよう。
そう思って見ていると、
こももさん、床に足が着いた瞬間 猛ダッシュ!


        抱っこ6

そうして飛びついたのは、私ではなく 獣医さんでした。

        抱っこ7

その後 来た時とは別犬のように 堂々とした様子で病院中を歩き回り、
看護婦さんの顔までも チュー♡ でベトベトにして
“晴れ晴れ”とした顔で帰ってきました。

どうやら 看護婦さんの「抱っこ」は大丈夫なようです。

私の抱っこの 何に怯えるのか?
こももに 問いただすことにいたしましょう。


     抱っこ
もう お腹治ったわよ♡ とアピールしてます

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
プロフィール

みう

Author:みう
金沢市在住の
ボーダーコリー好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。