スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグキャッチ!

私の “憧れの技” に 「ドッグキャッチ」というのがあります。
ワンコが胸に飛び込んでいって 飼い主さんがキャッチするというもの。 


        ドッグキャッチ1

飼い主さんを信じて 飛び込んでいく姿が 何とも可愛い!
(そして うらやましい!!)

以前ブログにも書いたのですが、
こももは 抱っこして持ち上げると 怖がるので、
ドッグキャッチなんてムリかな~と、あきらめモードだった私。
( そもそも 自分の指導力も怪しい )


        ドッグキャッチ2

だけど ドッグスポーツをされている こももの兄姉の飼い主さん達から
アドバイスをいただいているうちに やってみたい気持ちがムクムクと・・・

力強い コメントもいただき、チャレンジしてみることにしました。
( みなさん、ありがとうございます! )


        ドッグキャッチ3

まずは 座っている私の膝に こももを乗せることから始めます。
上手に乗れるようになると、膝を少しずつ高くしていくことで 
「ジャンプで胸に飛び込む」ことができるようになるそう。
( おぉ~!!)

早速床に座り、アドバイス通りに フードを顔の高さで持ちます。 
そして 下心 アリアリの怪しい笑顔で 誘います。

こもも、カモン!


       ドッグキャッチ4
        ドッグキャッチ5

・・・なんていうか、壁に頭を打ちつけられ、食べ物を奪い取られ(強盗?)
そいでもって 膝には 1ミリ たりとも乗ってない―

― 現実とは悲しいものです。

けれども クヨクヨしてはいられません。
なんといっても憧れの技です。繰り返し練習して 身につけようではありませんか。

こうして、何度目かの「胸板アタック」(←顔に白い胸がぶつかってくること)を耐え抜いたのち、こももは なんとか膝に乗ってくれるようになりました。


        ドッグキャッチ6

「胸板アタック」は継続中です。

ドッグキャッチトレーニングは 始まったばかり。
今の私の ささやかな目標は 「胸板アタックなしで 上手に膝に乗せる」です。


 ドッグキャッチ①
 「普段は “胸板アタック” なんて しないわ!」
 ― そうだね。

(写真は 近所のお姉ちゃんに シロツメクサの首飾りをかけてもらった ところ)
よ~く見たら首元に・・・あるんです


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

小枝LOVE

こももの お友達のラブラドールさんたちは、たいてい小枝が大好きです。

一緒に道を歩いていても、道に小枝が落ちていると すかさずパクリ。
(飼い主さんに 叱られながら)ポリポリ食べている姿をよく見かけます。


        小枝LOVE1

中には木によじ登って 皮をはいで食べようとする強者も・・・
( もはや それは小枝じゃない )


        小枝LOVE2

胃や腸に刺さっては大変なので 気をつけなくちゃね、
なんて ラブラドールの飼い主さんと お話ししていたのですが ―

とうとう(?)中~小型犬の間でも “小枝ブーム” が やってきました。

最初に 小枝の魅力に とりつかれたのはチェロくん。
嬉しそうに大事に小枝をくわえて 運びます。


        小枝LOVE3

その姿を見るや、今まで小枝に何の興味も示さなかった仲間たちが
急に 小枝を欲しがります。
ええ、当然もめます。奪い合いです。


        小枝LOVE4

こももは?
意外にも こももは枝の奪い合いには参加せずに その隣で黙々と枝を探します。
そして見つけた枝をボリボリと・・・(やめてー!!)

そんな こももさん。
先日めずらしく お友達との奪い合いに 超~積極的に参加。
お友達に 手でビンタまで食らわせています。


        小枝LOVE5

時々ボリッ、ボリッ と音がするので 
どうやら 誰かが口に入れて噛んだものを また誰かが奪って ―
の 繰り返しのようです。  

危ないので 取り上げようと近づいていき、
ちょうど 誰かの口から 「飛び出たモノ」 を すかさずキャッチ!


        小枝LOVE6

てのひらに 乗っかったのは 
よだれでベットベトになった 「どんぐり」 でした。 

ブームは移り変わっていくのかもしれません。

最近チェロくんが 「ミミズを土の中から引っ張り出して食べる」事にハマり始めました。
「ミミズブーム」到来 の予感です。(ひーっ!!)


「ミミズブーム間近!」

「 おいしそう♪ 」
― やめて!!


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

甘えたいの!

広場で みんなで走りまわっていると
時々 衝突事故がおこります。
 
そのあと 誰かが足を引きずっていると、ヒヤヒヤします。


        甘えたいの1

慌てて 飼い主さんが 足の様子を確認して
頭をなでて なだめます。


        甘えたいの2

しばらくなでてもらうと、足が痛かったワンコさんも
すぐに回復して(!)みんなのところに猛ダッシュで戻っていきます。
(怪我してなくて よかった!!)


        甘えたいの3

こんな光景を 何度も見かけましたが、
今のところ怪我をした子はいなくて(ホッ) みんな元気に遊び始めます。

飼い主さんに なでてもらうと 安心するんですね。
絆を感じて ちょっと ほっこり。


では こももの場合どうなのか?

よく猛スピードで 走りまわっている こももなので
実はちょいちょい お友達と ぶつかります。(あんまり前を見てないし…汗)
時には 豪快な音を立てて ―


        甘えたいの4

慌てて様子を見に かけ寄りますが、本人はいたって平気。
(無事で何より)
私に甘えることもなく 元気に 走っていっちゃいます。
ええ、本当~に 怪我がなくてよかった!
よかったけど 
「ちょっとくらい甘えていけや~!」(← 私の心の声)
「甘えん坊」な かわいい姿も見たいではありませんか(そんなことない?)

でも最近気づきました。

お友達とぶつかっても ケロリとして、私に甘えに来ないこももですが、
何故だか お友達と夢中になって遊んでいる最中に
急に私のところに 走って来て、


        甘えたいの5

なでられたがります。

        甘えたいの6

おお!これは「甘えん坊」な かわいい姿 ― ですね。
かなり うれしい私 です。


    甘えたいの①
    「な・で・て ♡」

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

プロフィール

みう

Author:みう
金沢市在住の
ボーダーコリー好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。